楽天FA松井裕樹 パドレス入り急浮上の裏側 「複数年契約で合意間近」とMLB公式サイト

公開日: 更新日:

 14日にセントルイスでカージナルスと交渉を行っていたと報じられたのが、楽天から海外FAを行使してメジャー移籍を目指す松井裕樹(28)。MLB公式ホームページのマーク・フェインサンド記者が、自身のXで伝えた。

 カージナルスはナ・リーグ中地区の強豪。今季は最下位に低迷したものの、昨年までの4年間は優勝2回に2位2回。いずれもプレーオフに駒を進めている。巻き返しに投手陣の立て直しが急務のため、ブルペン強化の目的で松井に白羽の矢が立ったのかもしれない。

「松井はチームの雰囲気やセントルイスにかなり好感をもったようですけど、彼に対しては他にカブスやパドレスも興味を持っている。中でもパドレスはカージナルス以上に有力ではないか」と、特派員のひとりがこう続ける。

「3月のWBCでは1次ラウンドの韓国戦に1イニングを投げただけ。準々決勝以降、米国の決勝ラウンドでも登板機会はなかった。ほとんどの試合で抑えは大勢(24)が務めた。日本のボールと比べて若干大きく、サラサラして滑りやすいメジャー公認球の扱いに苦慮したからですが、このとき救いの手を差し伸べたのがダルビッシュ(37=パドレス)だった。メジャー公認球への対処だけでなく、様々な情報を与えて松井をフォローしたといいます。松井はこのとき、ダルに助けられたという思いが強く、彼を慕っていますからね」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める