友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

メジャーのFA移籍市場は空前の“日本人バブル” 10年で30倍以上の値上がり!

公開日: 更新日:

 日本人選手がメジャーに挑戦する場合、避けては通れないのがFA市場である。

 これまで日本人野手に限って見れば、FA市場にはバブル期が2度、氷河期が1度あった。1度目のバブルを象徴するのは2008年に4年4800万ドルの契約でカブスに入団した福留孝介である。イチローが01年にマリナーズに移籍した時の契約は3年1400万ドルだったのでその3倍以上、松井秀喜が03年にヤンキースに入団した時の契約が3年2100万ドルだったので、その2倍以上の契約規模である。

 ここまで福留の契約規模が大きくなったのは05年に2年470万ドルでホワイトソックスに入団した井口資仁や、07年に3年770万ドルで入団した岩村明憲が、1年目から期待をはるかに上回る働きを見せ、日本人野手は外れがないと見なされるようになったからだ。

 しかし、福留が超高額年俸に見合った働きができなかったことや、09年に挑戦した西岡剛が期待外れに終わったことで、日本人選手に対する評価は大幅に下がった。さらに、セスペデス、プイグらの活躍で「本当に即戦力になるのはキューバ亡命組」という認識が広がったため、日本人野手は見向きもされなくなった。そのあおりをもろに食ったのが青木宣親で、ブルワーズに12年に入団した時の契約規模は2年250万ドル。これは福留がカブスに入団した時の約20分の1の水準だ。このあと、メジャーに挑戦した中島宏之田中賢介、川崎宗則の3人は格安のメジャー契約かマイナー契約で入団する羽目になった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至