西武がFA山川穂高の“代役”でアギラ獲得へ 190cm、126kg巨漢助っ人いきなり本塁打王の現実味

公開日: 更新日:

 FA山川穂高(32)のソフトバンク入りが決定する中、西武がその山川の代役として、メジャー通算114本塁打のヘスス・アギラ内野手(33=前ブレーブス傘下、右投げ右打ち)を獲得すると18日付のスポニチが報じた。

 この新助っ人は、主に一塁手と指名打者を務め、ブルワーズ時代の2018年に35本塁打、108打点をマーク。今季はアスレチックスで36試合出場、打率.221、5本塁打も、持ち前のパワーと体のデカさが特徴だ。

■専門家は「20~30本塁打の可能性あり」と太鼓判

 190センチ、126キロの体躯は、山川の176センチ、103キロよりも一回り以上大きい。日本球界最重量のスーパーヘビー級助っ人はどれくらい打ちそうか。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「開幕からうまく滑り出せれば、25~30本塁打を打てるかもしれない」と、こう続ける。

「近年は速球に差し込まれるケースが目立ち、本塁打数は減っていますが、日本はメジャーよりも投手の平均球速が5キロほど遅いため、西武は問題なしと判断したのでしょう。33歳と全盛期を過ぎていることもあり、打率や一塁守備に大きな期待はできないでしょうが、初球から積極的に振ってくるフリースインガーではなく、相手投手の失投をじっくり待って狙い打つタイプ。タメをつくって変化球にも合わせられます。実際、今季は右投手のスライダーに対し、2本塁打、3割以上の打率をマークしている。助っ人にありがちな、2ストライクに追い込まれて外の変化球に手を出して空振り三振……というパターンには、ハマらない可能性はある。失投を逃さずきちんと仕留められれば、それに乗じて本塁打数も増えるでしょう」

 今季、パリーグの本塁打王を獲得したロッテのポランコは26本塁打だった。アギラが友成氏の見立て通り25~30本塁打を打てれば、タイトル獲得も視野に入る。

 長打力不足で今季5位に低迷した西武にとっては大きな戦力となりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?