大谷翔平「左翼起用」に右肘パンクのリスク…DH独占を回避したいロバーツ監督の思惑と負担過多

公開日: 更新日:

 1000億円超の契約を結んだ二刀流の加入で、早くも波風が立ちそうな気配だ。

 入団会見の翌日、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(51)が米メディアの電話インタビューに応じ、大谷翔平(29)が左翼守備に就く可能性について本人と話し合ったことを明かした。

 ロバーツ監督はこう言ったという。

「9月にボールを投げられるようになれば、左翼から投げてもらえるかという話もした。彼は『腕に問題がなければ大丈夫だ』と言っていた」

 大谷はこれまでDH専門。故障で休む以外は先発の日も含め、ほとんど全試合DHで出場してきた。エンゼルスではそれが可能だったものの、ドジャースのDHは主力が休養するポジションでもある。例えば、マルティネス(36)は、DHとしては110試合の出場にとどまった。それ以外は守備の負担の大きい捕手のウィル・スミス(28)が14試合、三塁手のマンシー(33)が10試合、左翼手のテイラー(33)が7試合、右翼手のヘイワード(34)が6試合、DHに入った。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「シーズンも後半に入ると、野手は公にならなくてもどこかに故障を抱えているもの。ドジャースはベテランが多いだけになおさらです。DHは状態が万全でない野手の負担を軽減するポジションでもある。けれども大谷がDHを独占してしまえば、主力野手が休めなくなってしまう。それに守備のヘタなマンシーが常時三塁を守ることになれば、内野守備にいっそうの不安が生じることになる。ロバーツ監督はそれらを危惧して大谷に左翼を守らせることも考えているのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽