現役ドラフトでヤクルト移籍の北村拓己に「脱・巨人」の期待 同級生の田口麗斗が成功例

公開日: 更新日:

 現役ドラフト巨人からヤクルトに移籍した北村拓己(28)が15日、都内の球団事務所で入団会見を行った。内野の全ポジションを守れるユーティリティー性やパンチ力のある打撃が高く評価され、現役ドラフトでは最も人気を集めたといわれる。セ・リーグ間での移籍となったが、古巣巨人への思いを問われると「負けたくないという気持ちは強いと思うので、しっかりとやっつけたいと思います」と意気込んだ。

 北村の本職はショートだが、レギュラーには坂本勇人が君臨していた。今季の二軍戦の成績は68試合で打率.305、OPSは.872とアピールしたものの、若手の門脇が台頭したことで、一軍では27試合で打率.206、本塁打、打点はともに0に終わった。巨人はFAなどで補強した外様選手が優遇され、生え抜きのチャンスがなかった。今季まで通算17年間指揮を執った原前監督からは事実上の”構想外”扱いを受けていた。

 そんな巨人には、環境を変えれば化けそうな選手がゴロゴロいる。最近の代表例が、2021年3月に巨人からヤクルトにトレードされた同級生・田口麗斗(28)だ。巨人で先発として活躍し、16年に10勝、17年には13勝と2年連続2ケタ勝利を達成。その後は中継ぎも経験。ヤクルト移籍後の21年にはリリーバーとして開眼し、昨季は中継ぎで45試合に登板。今季はクローザーの役割を担い33セーブ。環境が変わって水も合ったのか、すっかり息を吹き返した。

 ヤクルトは野手陣の高齢化が進んでいることなどもあり、北村の出場機会は増えることが予想される。新天地でノビノビとプレーし、「脱・巨人」の先輩とまではいかずとも、レギュラーの座をつかみたいところだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至