パワハラで“クビ”元楽天・安楽智大の行きつく先は…日本はおろか韓国プロ野球も取り手ナシ

公開日: 更新日:

 行きつく先はどこか。

 同僚選手に対する暴行、パワハラが発覚し、楽天を自由契約となった安楽智大(27)。楽天は15日に“再発防止策”を公表し、チーム全員を対象にした年2回の面談などを行うという。

 一方で、安楽は来季どうなるのか。今季は中継ぎとして57試合に登板、3勝2敗10ホールド、防御率3.04と一定の成績を挙げたものの、今回の不祥事により、NPB12球団(二軍球団含む)でのプレーは事実上、閉ざされた形だ。

「果たして、国内の独立リーグでも取るところがあるのかどうか……今年、女性問題の不祥事が発覚した西武の山川でさえ、ゴーサインを出さない球団が多かったそうですから」とは、独立リーグ球団のフロント関係者だ。

 海外へ活路を見出す手はある。ただ、もっとも日本との実力差が近い韓国プロ野球(KBO)は、「日本以上に取り手がないでしょう」と、韓国球界関係者がこう続ける。

「そもそもKBOは外国人枠が3つしかなく、その3枠を投手、野手だけで埋めることはできない。投手を2人獲得するにしても、基本的には『先発ローテの1、2番手』を想定している。安楽のような救援投手が入る余地はほぼありません。しかも、獲得対象になるのは米球界か日本球界でプレーする北米、中南米出身選手。日本から韓国へ移籍した先発投手は、2009年にSKに入団した門倉健中日巨人など)以降、一人もいません。不祥事に関しても韓国は日本以上に厳しい面がある。飲酒運転した選手は一発解雇です。21年には、コロナ禍での規律違反で72試合もの出場停止処分を受けた選手もいますから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ