代理人はメジャー契約に自信満々も…FA藤浪晋太郎を待ち受ける「マイナー危機」の厳しい現実

公開日: 更新日:

 オリオールズからFAとなっている藤浪晋太郎(29)。代理人のスコット・ボラス氏は今月上旬に行われたウィンターミーティングで「2、3球団と交渉を進めている」としたうえで、「1球団からオファーを受けており、藤浪はメジャーにおいて大いに需要がある」と話した。

 昨オフ、1年325万ドル(約4.2億円)で入団したアスレチックスでは34試合を投げ5勝8敗、防御率は8.57も、7月にトレードでオリオールズに移籍すると、リリーフで好投を見せる場面もあり、30試合で2勝0敗、防御率4.85とやや改善。チームの地区優勝にも貢献した。

 そんな藤浪は現在、海の向こうでどんな評価を受けているのか。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう話す。

「正直、マイナー契約に留まる可能性も否定できません。オリオールズに移籍した7月の防御率は13試合で2.93と良かったのですが、これはアドリー・ラッチマンやジェームズ・マッキャンといった捕手と相性が良く、配球面で2人に助けられたことが大きいと見ています。8月以降は失点を重ねる場面が目立ちました。速球やスライダーなどボールの質は良くても、相手チームに配球などを研究されたうえに、制球が悪化。チームはポストシーズンに進出しながら、ベンチ入りメンバーからは外れた。走者を背負った場面でのリリーフとしてはなかなか使いづらい。当然、先発をするにしてもあの制球では計算ができません。せいぜい、リリーフの7、8番手といったところでしょう。そうなると、仮にメジャー契約を勝ち取ったとしても、今季年俸の325万ドルの半分以下、1年150万ドル程度が妥当ではないか。それどころか、年俸15万ドルのマイナー契約を提示する球団があっても不思議ではありません。このクラスの投手の契約がまとまるのはだいたい年が明けが多い」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!