中日・高橋周平にトレードの可能性…立浪監督就任以降は出番激減、投手補強の交換要員

公開日: 更新日:

「動きはあるかもしれません」

 球団OBがこう言うのは、立浪中日の今オフの補強のことだ。

「中日は、巨人を自由契約になった中田翔を獲得するなど、11人の新戦力を補強した。引退した福田、堂上ら退団選手も11人ですから、丸々入れ替わる形になった。ただ、今の戦力で来季を迎えるとすれば、投手陣に不安が残る。投手の補強は今秋ドラフトで指名した草加(亜大)ら4人と、現役ドラフトでヤクルトから獲得した梅野だけですからね。トレードで投手を取りにいく可能性はあります」

 トレードに打って出るなら交換要員が必要になるが、前出のOBは「高橋周平(29)で商売する可能性があります」と、こう続ける。

「高橋は2020年に打率.305をマークしたシュアな打撃と、堅実な三塁守備が魅力。しかし、立浪監督が就任した22年以降は出場機会が激減している。立浪監督と打撃理論などの部分でソリが合わないからだともっぱらです。しかも、高橋は気持ちを前面に出してプレーするタイプではない。昨年、『戦う顔をしていない』と、試合中にもかかわらず名古屋へ『強制送還』され、オフにDeNAにトレードされた京田も似たようなところがあった。立浪監督は自分の考え、理論に忠実な選手を使う傾向がある。しかも、中田の獲得によって一塁が埋まり、三塁は石川昂の起用が濃厚。高橋はますます出番が減るでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?