西武はBクラス5位でも2年連続“短縮キャンプ”でいいの? 球団OB山崎裕之氏も「理解不能」と

公開日: 更新日:

「その考え、発想がどこから来たのか。まったく理解できません」

 こう話すのは西武OBの山崎裕之氏だ。

 11日、西武が来春のキャンプの日程を発表。今季と同じく、2月6日から同25日までとなった。

 今年はWBCの決勝戦が3月22日だったこともあり、従来の3月25日開幕では代表選手たちの調整に問題が発生するとNPBが判断。開幕日を5日遅らせ、同30日にした経緯がある。西武のキャンプもそれにならった形だ。

 来季の開幕は3月29日。今年より1日早くなったものの、だからといって西武のように今季も来季もキャンプを遅らせる球団は皆無。11日現在、来春のキャンプを発表した球団は、西武を除けばいずれも2月1日スタートだ。

 冒頭の山崎氏は「もちろん、キャンプは長くやればいいというものではありませんが……」と、こう続ける。

野球はチームプレーのスポーツ。連携プレーは当然、チーム内の意思疎通を図り、目標を共有するという期間という意味でも、キャンプは十分に意味があります。短縮キャンプで結果が出たので今年も、という理屈ならばわかりますが、西武は今季5位。それも日本ハムと最下位争いをしていたように、屈辱ともいえるシーズンだった。それなのになぜ、他球団より練習量を減らすのか。今年は6日のキャンプスタートまで、選手は寒い所沢で自主トレを行っていた。それだったら、最初から宮崎と高知でキャンプをやればいいじゃないですか。うがった見方かもしれませんが、『そこまで経費を削るのか?』と思ってしまいますよ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道