最短で3年後オフに実現? ドジャースで佐々木朗希×大谷翔平の“夢タッグ”が実現する日

公開日: 更新日:

 スポニチが「仰天スクープ」を投下した。

 大谷のドジャース入りが決まった10日、ロッテ佐々木朗希(22)が今オフのメジャー挑戦を希望し、球団にポスティング移籍を要望しているというのだ。MLB公式サイトもこれを引用する形で「日本の怪物、佐々木朗希がメジャー移籍をリクエスト」と報道し、佐々木の米球界挑戦希望が世界に拡散された。

 佐々木を巡っては、すでに複数のメジャー球団がマークしているのは日刊ゲンダイが報じている通り。

 中でも熱心なのがドジャースで、大船渡高時代に栃木県で行われた練習試合にまでフロント幹部が足を運び、当時の編成部長と環太平洋スカウト部長が直々に佐々木の投球をチェックしている。

 スポニチ報道を受け、ロサンゼルス・タイムズのホルヘ・カスティーヨ記者らも、「特にドジャース、パドレス、ジャイアンツが熱心に佐々木を追いかけている」とした。

「とはいえ、今オフのポスティングの申請期限は今月15日。現行ルールでは、25歳未満かプロ6年未満の海外選手はマイナー契約しか結べない、と定められている。スポニチも書いているように、時間的にもルール的にもロッテが今オフのメジャー入りを認めることはないでしょう。入団4年で46試合登板、通算投球回数283回3分の2という体力的な問題もあります。ロッテではまだ育成期間中という扱いですから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道