大谷翔平「10年1000億円」ドジャース入りの波紋…次のWBC出場に暗雲、侍J監督人事も難航必至

公開日: 更新日:

 大谷が移籍先を10年総額7億ドル(約1015億円)のドジャースに決めたことを受け、日本ハムは10日、侍ジャパン前監督で現在は「球団プロフェッサー」を務める栗山英樹(62)のコメントを発表した。

「ファイターズから5年で旅立った翔平がメジャーリーグでの6年間でこれだけの評価を受けたということは、本当にうれしかったです」

 今年3月のWBCでは、所属先のエンゼルスから大谷の招へいに成功。「師弟コンビ」として日本中を盛り上げた。現在、侍ジャパンの監督は井端弘和(48)氏が務めるが、2026年の次回WBCでの指揮は「考えていない」と話しており、24年11月の「プレミア12」までが既定路線。「ポスト井端」には、今季限りで巨人を退任した原辰徳前監督(65)を筆頭に、阪神を38年ぶりの日本一に導いた岡田彰布監督(66)らが挙がっている。

 さる球界関係者がこう言った。

「WBC日本ラウンドを主催する読売には、2年連続4位で退任に追い込まれた原前監督に『有終の美』を飾らせたい意向がある。09年大会で侍ジャパンを世界一に導いた経験者でもある。ただ、巨人一筋で、大谷やメジャー球団とのパイプが強くない。大谷が3月のWBCに出場できたのは、栗山監督だったこと以上に、大谷の意向を全面的に受け入れるエンゼルスだったから。ドジャースでは史上最高の1000億円もの超大型契約を結ぶだけに、自由度は低くなって当然。手術した右ヒジの問題もあり、ドジャースは大谷のWBC参加に消極的にならざるを得ません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大