森合正範氏「記者として絶望感、敗北感を感じたのは井上尚弥が初めてです」

公開日: 更新日:

森合正範(東京新聞記者)

 発売前に重版が決定するなど、話題のノンフィクション「怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ」(講談社)。WBC、WBO世界スーパーバンタム級王者で世界のボクシング関係者から「モンスター」と称される井上尚弥の強さに迫った一冊は、発売から1カ月で4刷3万部を突破し、その勢いが止まらない。そんなモンスターの強さを探るため、メキシコやアルゼンチンまで赴き、過去の対戦者たちを取材。12月26日に井上が挑む世界スーパーバンタム級の4団体王座統一戦を前に、著者の森合正範氏に話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ──井上尚弥というボクサーを書こうと思ったきっかけは。

 僕はボクシングが大好きで、ボクシングを書こうと思って新聞記者になったくらいなんです。でも、何度も試合を取材しながら、井上尚弥を書くことがまったくできなかった。自分が見たリングの井上尚弥と、自分が書いた井上尚弥があまりに違う。何が凄いのか何が強いのか。読者に全然伝えられていないのではないか。胸中に葛藤がありました。試合の日が来るのが怖かったほどです。それが決定的になったのがパヤノ戦です。

 ──2018年10月7日、バンタム級最強を決めるトーナメント「WBSS」(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)で、井上が元世界王者を1R70秒でKOした試合ですね。

 その原稿がひどいんですよ。本当にもう殴り書き。締め切りが来たから送ったんですけど、嫌な気持ちを2、3日ひきずっていました。ちょうどその頃、飲み会で「井上ってどこが凄いの?」という話題になったんです。僕は「スピードがあって、パワーもあって、ディフェンスもすごくて、いつも試合が終わった後も顔がキレイで……」とか、とにかく薄っぺらい説明しかできなかった。そこで「ん?待てよ? これ、自分が書けないんじゃなくて、そもそも井上の強さを根本的に分かってないのでは?」と気付いたんです。それを編集者に話したら、「じゃあ、これまで井上と戦った人を取材してみたらどうですか?」と言われたのが執筆のきっかけです。

 ──過去、そんな思いにさせられたアスリートはいましたか?

 こうも絶望的というか、敗北感を感じたのは井上尚弥が初めてです。試合は多少攻防があれば、それらしいことは書けるんです。それが攻防すらない、ワンツーだけで勝った試合なんて、一体どう書けばいいんだ、と。絶望的な気持ちで「この原稿は自分の負け」と送信ボタンを押したこともあります。

 ──「怪物に出会った日」は井上に敗れた選手たちの証言で構成されているが、負けたボクサーに話を聞きに行くことに葛藤はありませんでしたか?

 編集者に話を振られた時、「絶対に無理だ」と思っていました。まるで傷口をえぐるような行為じゃないか、と。人生を左右する1敗や挫折について、根掘り葉掘り聞いてもいいのだろうか? と葛藤しました。それでも最終的には「井上尚弥の強さを伝えなければ」と思って踏み出しました。

■強さを伝えられないもどかしさ

 ──取材で嫌な顔をされたことはありませんでしたか?

 本でも書いていますが、ワーリト・パレナス(15年12月、2R・KO)のトレーナーを務めた阪東ヒーローさんには最初、「試合の動画は見たくない」と言われました。アドリアン・エルナンデス(14年4月、6R・TKO)はインタビュー中、右手の人さし指でテーブルを「トン、トン、トン」とずっと叩いていた。それは当然だと思ったし、その気持ちも理解した上で、話してくれなかったら仕方ない、会ってくれただけでもありがたい、と思っていました。

 ──にもかかわらず、最終的には多くのボクサーたちが井上戦について冗舌に語っています。

 彼らも負けた直後はショックだっただろうし、立ち直れないくらいの傷を心に負った人もいると思う。でも、井上尚弥が勝利を重ね続け、大きな存在になっていくことで、「あの選手と戦えたんだ」「井上に立ち向かえたんだ」と誇りを抱けるようになったからだと思います。田口良一さん(13年8月、10R判定勝利)のように、井上尚弥との試合を財産、糧にして、のちに世界王者になったケースもありますが、どのボクサーもここまで語ってくれるとは思ってもみませんでした。オマール・ナルバエス(14年12月、2R・KO)もそうです。

 ──アルゼンチンで取材をしたボクサーですね。

 ナルバエスはWBO世界フライ級とスーパーフライ級で何度も王座を防衛したアルゼンチンの英雄。KO負けは井上尚弥との試合の1回のみです。それが「俺のパンチはこうで、井上のパンチはこうだった」と、細かい身ぶり手ぶりを交えて細かく話してくれました。

 ──それはなぜだったのでしょうか?

 おそらく、リングで体感した井上尚弥と、メディアが報じる井上尚弥の姿が違うと感じたからでしょう。だから、「実はこんなに高度な攻防があって、井上はさらにその上を行っていたんだぞ」と伝えたかった。だから僕に「ちゃんと井上の強さを伝えてくれ」と言いたかったのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ