人気絶頂の国内女子プロゴルフ、凋落の始まり? 21年GMOに続き楽天・三木谷社長も撤退の不穏

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイは8月8日付の紙面で、女子プロトーナメントから楽天が撤退する可能性について報じたが、6日「スポニチアネックス」が関係者の話として「7月末に開催されていた国内女子ゴルフの楽天スーパー・レディースが来季は開催されない方針であることが5日に分かった」と配信した。

 女子ツアーからの撤退といえば、2021年限りでIT大手のGMOインターネットグループが大会主催を降りたのは記憶に新しい。今季まで27年間、日本女子プロ選手権の特別協賛についていたコニカミノルタも今年の大会で契約を終了。来季からソニーグループが特別協賛となることが決まったが、GMOと楽天が抜けた7月の2週間は試合がない見込みだ。

 楽天グループは先月9日に発表した今年1~9月期の連結決算の最終損益が2084億円の赤字。同期間の赤字は5年連続で、トーナメント撤退はその影響があるとみられているが、「三木谷(浩史会長兼社長)さんはメリットがあれば継続していたはずです」と、ある大会関係者はこう続ける。

「人気のある女子ツアーなら、GMOの後釜はすぐに決まると思われたが、来年も未定です。それには若手の海外流出も影響しているのではないか。最高峰の米女子ツアーで、古江彩佳西村優菜のように小柄な選手でもシードは取れるし、優勝もできる。しかも、賞金総額は国内の約3倍(1億140万ドル=約149億円)。来季から最終戦の優勝賞金は400万ドル(約5億9000万円)と超ビッグ。その舞台へ、来年は稲見萌寧、最終予選会をクリアした西郷真央と、吉田優利が挑戦する。来年は桜井心那(写真)、原英莉花岩井明愛、千怜の姉妹も最終予選会を受けるでしょう。この流れは変わることはない。プロアマに魅力を感じる企業も大会に金を出す意味が薄れます」

 今季の女子プロは38試合で賞金総額約45億円。5年後、この数字はどうなっているか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走