目隠しリンチ、根性焼き…大学野球界の驚愕実態 楽天・安楽パワハラ問題は対岸の火事じゃない

公開日: 更新日:

 楽天を自由契約になった安楽智大(27)のパワハラ問題が方々に波紋を広げている。

 安楽は後輩選手に対し日常的に「バカ」「アホ」などと罵倒するほか、深夜の執拗な電話や、“罰金”ルールの強制、暴力を振るうこともあった。球場のロッカールームで後輩選手を逆立ちさせてからズボンとパンツを脱がせると、あらわになったイチモツに靴下をかぶせて見せ物にしたとも報じられている。華やかな世界の裏側で行われていた陰湿なイジメやパワハラの数々──。

 そんな状況に肝を冷やしているのは大学野球関係者かもしれない。いまだに絶対的な上下関係が幅を利かせている野球部は少なくなく、昭和世代顔負けのシゴキさえ存在しているからだ。多くのプロ野球選手を輩出する某大学野球部をここ数年以内に途中退部した元部員が匿名を条件に言う。

「当時は地獄でした。1年部員が先輩のユニホームを洗濯するのはもちろん、召し使いのような雑用までやらされました。その雑用に専念させるためなのか、1年生が自主練に取り組めるのは深夜0時以降というルールまであった。最悪だったのは夜中に行われる『集合』という名のリンチです。集合をかけられた部員は目隠しをした状態でコンクリートの上に正座させられ、複数人の先輩から数十分~数時間にわたって殴ったり蹴ったりされる。暗闇の中、目隠しをされたままのリンチは、すさまじい恐怖でした。集合は月に数回。理由は雑用のミスや生活態度など些細なことでした」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋