巨人は若手、中堅こぞってウハウハ更改 2年連続4位惨敗でも球団大盤振る舞いのナゼ

公開日: 更新日:

 2年連続4位に沈んだ巨人の景気がいい。これまでに契約更改交渉を終えた若手、中堅選手の大幅アップが相次いでいるのだ。

 今季リーグ2位タイの12勝(5敗)を挙げた戸郷翔征(23)は、年俸9000万円からの倍増で、高卒6年目の投手では球団最高額となる1億8000万円。3年目で自身初の2ケタ10勝(5敗)、規定投球回をクリアした山﨑伊織(25)も、2600万円増の5100万円。野手では、秋広優人(21)が416%アップの3250万円。門脇誠(22)も269%アップの3100万円。吉川尚輝(28)は2000万円増の9000万円となった。

 自己最多の41本塁打で3度目の本塁打王を獲得した岡本和真(27)も、今季2億7000万円からの大幅アップが見込まれる。

 一方で4勝(8敗)に終わった菅野智之(34)の年俸は1億円減。史上初の「3年連続1億円以上減」ながら、球団内では「4勝でもまだ4億円。意外に減らなかった」との声もある。

 5日に更改予定の坂本勇人(31)は年俸6億円の5年契約が終了。右太もも裏の肉離れで116試合の出場にとどまっただけに、大幅減と思ったら、そんなことはないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」