大谷翔平が来季「打撃三冠王」本気狙い! MLB公式サイト「打者数値すべて向上」と太鼓判

公開日: 更新日:

 去就が注目される大谷翔平(29=エンゼルスからFA)が日本時間1日、エドガー・マルティネス賞(最優秀DH)に選出された。3年連続の受賞はレッドソックス・オルティス以来の快挙。ア・リーグMVPの他、シルバースラッガー賞など、今オフも表彰ラッシュだが、来季は2年連続本塁打王どころか三冠王を狙っているという。

 大リーグ公式サイトは同日、大谷の受賞に合わせて特集記事を掲載。リアル二刀流実質1年目だった2021年からの詳細なデータを基に分析した結果、今季は確実性や打球速度、打球方向、各球種への対応など、打者として全ての数値が向上したという。

 中でも打球速度と打球角度から安打の確率を算出する「xBA」は21年.266、22年.275、23年.294とアップ。今季の.294はレンジャーズ・シーガー(打率.327)、ブルージェイズ・ビシェット(同.306)、レイズ・ディアス(同.330)らの巧打者に次ぐ6位だった。大谷は今季初めて打率を3割(.304)に乗せただけに、記事では来季「首位打者を狙えるだろう」と結論付けている。

 9月に右肘の靱帯を修復する手術を受けた大谷は現在、来季開幕戦での打者復帰を目指してリハビリに励んでいる。来季は打者に専念する上に、トミー・ジョン手術を受けた前回(18年)同様、リハビリでは投打で重要な股関節の機能改善や体幹強化に一から取り組んでいるだけに、来季は打者としてさらなる成績アップが見込める。

 パワーに加えて確実性も高まれば、打撃部門でメジャーを席巻しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道