NPBと選手会は相談窓口設置を検討「安楽事件」未然に防ぐために必要だったもの

公開日: 更新日:

 1日に行われた、NPBとプロ野球選手会の事務折衝。当然、楽天安楽智大(27)の事件が議題に上がり、今後は複数の相談窓口の設置を検討していくことになった。

 安楽に殴られた、陰湿なイジメを受けた、罰金を取られたなど、球団に被害を訴えた選手は10人。さらに40人が安楽の愚行を見聞きしていたことも明らかになっている。

 選手会の森事務局長は相談窓口について「NPBに作るのが一番いいが、(窓口は)多ければ多いほどいい」と話している。

 果たして窓口ができると、何が変わるのか。野球と同じか、それ以上にイジメや暴力などが多いとされている大相撲は2014年、新公益財団法人移行に伴い、不祥事通報窓口を協会内に設置した。

 古株の角界OBは「それだけではいわゆる、イジメや後輩いびりは減りませんよ」と、こう続ける。

「もちろん、何かあった時のために相談窓口を設けるのは良いことです。むしろ、今までプロ野球にそうしたものがなかったのが意外ですが……実際、大相撲でも『兄弟子にこんなことをされた』とか、親方が『ウチの部屋でいじめがあったが、どうすればいいのか』と報告してくることもあった。そのたびに協会は本人や周囲に事情聴取してきた。窓口があったから協会が問題を把握し、表面化する前に解決できたケースも少なくない。ただ、これでイジメや暴力がなくなるわけじゃない。協会に連絡が行くのは大体、被害にあった側が『もう我慢できない』と大ごとになっている時がほとんどですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道