日本シリーズ名物「難関18番」に賞金王も苦戦するワケ…2日目までバーディーわずか1人

公開日: 更新日:

ゴルフ日本シリーズJTカップ】第2日

 前週に国内男子ゴルフの賞金王に決まった中島啓太(23)が、日本シリーズ2日目も通算11アンダーで首位を守ったが、今年も今大会は最終日に18番でドラマが生まれるかもしれない。

 会場の東京よみうりCCは18番(パー3)が名物。227ヤードの打ち下ろしは、風がなければ4番か5番アイアン、ユーティリティなどを使う。

 奥行34ヤードのグリーンは奥から手前に傾斜がきつく、奥目に乗ってもコロコロ転がり出したボールは加速してグリーンの外へ出てしまうことも珍しくない。昨年は賞金王の比嘉一貴(28)が、グリーン手前からのアプローチをピン上1.3メートルに寄せるも、パーパットがカップに蹴られ、3メートルも転がり、ダブルボギーとなった。今年は2日目まで18番のバーディーは初日の米澤蓮(24)ただひとりだ。

 最終日のピン位置は今年も右手前。おそらく手前10ヤード、右5ヤードぐらいにカップが切られるだろう。

「18番グリーンは奥目に乗せても傾斜で戻り、グリーンの外へ転がり出てしまうこともある。グリーン奥からのアプローチは絶対に寄らないと言っても過言ではない。ピンが右手前なら花道に外しても上りのアプローチが打てる。昨年の谷原は最終日、グリーンの手前に刻むと決めていた。12ヤードのアプローチはピンを2メートルオーバーしたのはミスだったが、難しい下りのパーパットを沈めて優勝した。カップをおそらく6、7メートルは転がったはずです。18番は第1打をピンの手前に打つのが鉄則です。ピンの左から打つパッティングも大きくスライスするので難しい。ピンの左右と上からのパットは1メートル以内でも緊張を強いられるというか、プロでもビビりながら打つことになる」(ツアー関係者)

 今大会は、昨年の優勝者、今季国内ツアー優勝者、前週の大会終了時の賞金ランキング上位20位までの選手など、30人しか出場していない。名物の難関ホールの攻め方で、本当の実力がわかるというものだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道