巨人がバウアーを欲しくても取れないカネ以外の事情 DeNA自由契約で他球団交渉OKに

公開日: 更新日:

 DeNAは昨11月30日、トレバー・バウアー(32)を自由契約にすると発表。今後も残留交渉は継続する方針だ。

 ドジャースから「サイ・ヤング賞」の肩書をひっさげDeNA入りした今季は、中4日での先発や128球の完投などでチームをけん引。19試合に登板して10勝4敗、防御率2.76の好成績で月間MVPを2度受賞した。

 1カ月前に帰国する際、契約で重視する条件として「優勝を狙えるチーム」「個人タイトルを狙わせてくれる」「ファンが喜んでくれる選手になれる環境」の3つの条件を明かしていた。

 これで他球団との交渉が可能になる。巨人、DeNA両球団のOBである高橋尚成氏は「(バウアーの)候補に絶対ジャイアンツ(巨人)は挙げていると思う」「ジャイアンツは来年優勝しないといけない状況。バウアーは必要な選手」と自身のユーチューブで語っているが、さる球界関係者がこう首を横に振った。

「バウアー側には『練習中や試合直後のチーム内の映像を自由に撮って自身のユーチューブにアップできる』という譲れない条件がある。練習中には小型カメラを頭に装着し、自ら実況しながら配信映像を撮っていた。巨人にはこれがネックになる。なぜなら、巨人も最近は球団を挙げてSNSや映像事業に力を入れていて、売上を伸ばしているため、バウアーだけに好き勝手やらせるわけにはいかない。チーム防御率5位の巨人も、2ケタ勝った投手として興味はあるが、そこはバウアー側と相容れないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」