日大アメフト部廃部を巡る報道に賛否…教育の専門家は現役部員の嘆願に「甘い」

公開日: 更新日:

 日本大学アメリカンフットボール部は、違法薬物事件で3人の逮捕者を出した影響で廃部の方針が固まった。それに対し、29日には、部員が「撤回」を求める署名を提出したが、廃部を巡っては、スポーツ界やテレビ番組コメンテーターなどからは同情の声も上がっている。

 アメフト部員の事件では、今月21日、酒に酔って抵抗できない状態の女性に性的暴行をしたとして、準強制性交の罪に問われた同志社大学アメフト部の元部員ら4人に、京都地裁がそれぞれ懲役3年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡したばかり。今回の日大の違法薬物事件と比較し、部内の不祥事の連帯責任について議論になっている。日大側の処分方針は妥当なのか、それとも……。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が言う。

「廃部は不可避でしょう。逮捕者が1、2人であれば違法薬物問題は他大でも起きていましたから、ここまでにはならなかったと思います。ただ、今回は部員の半数が生活する学生寮で起きていて、違法薬物に手を出していなかった学生も誰一人、逮捕者の薬物使用を『知らなかった』とは理解しがたい環境ですから。もっと前に学生側から『おかしな学生がいる』と申告することもできましたし、学生たちも甘かったと言えます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」