大谷翔平&山本由伸がドジャースに“Wヒジ鉄”食らわせる? “本命球団”と補強に血眼なエンゼルスの狙い

公開日: 更新日:

エンゼルスが補強に血眼の真相

 それならドジャースが本命視される大谷はどうか。

 米メディア「ジ・アスレチック」は日本時間11月26日、エンゼルスはすでに大谷の退団が決まっているかのごとく熱心に補強に動いていると、元レッズGMで解説者のジム・ボーデン氏の情報を掲載。「先発、リリーフ、中軸を打てる打者、外野手らの獲得を目指している。精力的に動いているのは大谷の穴を埋めるためだ」と報じた。

 しかし、「我々の見方は逆です。エンゼルスが補強に血眼なのは事実ですけど、それは大谷に出て行かれそうだからではなく、大谷に残ってもらいたいからですよ」と別の西海岸の球団のスカウトがこう続ける。

「大谷はエンゼルスという球団の雰囲気もアナハイムのファンも気に入っています。6年間プレーして愛着もあるし、何より自分のやりたい投打の二刀流に理解がある。大谷にとって、唯一の不満は勝てないこと。つまりエンゼルスがプレーオフを狙えるチームになることが、彼にとってはベストなのです。

 大谷は昨オフもチームの補強状況を逐一、ミナシアンGMに聞いていたそうです。このオフもエンゼルスが勝てるチームになるか、かなり気にしている。大谷を手放したくないエンゼルスは、彼の気持ちがわかっているからこそチームをドラスチックに変えようと考えている。プレーオフを狙えるチームにしようと、大幅な補強に舵を切ったとみています」

■意外にもカネにシビア?

 特派員のひとりがこう言った。

「ドジャースの編成部門を仕切るフリードマン編成本部長は元投資銀行勤務のウォール街出身。球団に資金力があって、毎年のように選手の総年俸はメジャーで一、二を争うものの、意外にもカネにシビア。選手との長期契約は極力避けるし、欲しい選手だからといって青天井の投資はしない。想定の金額を上回るようならさっさと撤退するでしょう」

 マネーゲームになるようならなおさら、2人から手を引くというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ