【ボートレース】工藤一彦さん(下)引退後、スポーツ新聞でSG優勝戦の“読者プレゼント”予想 結果は…

公開日: 更新日:

 ボートレースの魅力を伝えようとペンをとった、阪神タイガースOBの工藤一彦さん(67)。猛虎日本一戦士の精悍な風貌は影を潜めたものの、熱いハートは何ら変わらない。ボートにほれ込んだ意外な真相と、野球界との共通点などをつづった。

■えっ、素人のボクでいいの?

 ボクは現役引退後、あるスポーツ新聞の野球評論家として活動していた。

 ボートレースにのめり込んでいく契機は、担当デスクのひと言だった。

「ボートレース予想に挑戦してほしい。ボートをかじっている工藤さんなら問題ないでしょ。バンバン当ててください」

 対象レースはすべてのSG。ルールは優勝戦の買い目と金額、根拠を紙面で披露し、的中すれば払戻金額を読者にプレゼント。外れればクオカードをプレゼント。軍資金1万円でいざ勝負──。そんな企画だった。

 喉元まで「ちょ、ちょっと待って」というセリフが出てきた。ボートを知らないわけではなかったが、ボクはまだ素人も同然。そんな男がビッグレースの優勝戦予想をするなんて説得力を欠き、読者に失礼ではないのか。そんな思いがこみ上げてきたからだった。

 しかし、これもお世話になっている会社への恩返しのひとつだと考え、精いっぱい取り組んだ。記者用の取材IDを作ってもらい、近畿・中四国エリアは直接足を運んで生観戦。その他のエリアはテレビ観戦で予想に対応した。結果は五分五分ぐらいだったか。大恥をかかなくてよかったと、胸をなで下ろしたものだ。

 この仕事を引き金にハマった。会社で野球デスクと打ち合わせをしている時に、ボートデスクがやってくる。社内の記者たちを募って1万円ずつ出し合い、現場に向かうボート記者に預けて5レース分の舟券を買ってもらう。払戻金は頭割り。宝くじの共同購入のように楽しんだ。

 そのうち、ボクは仕事でもないのに1人でレース場に行くようになった。場所は聖地・住之江。取材IDを活用して関係者用の駐車場に車をとめ、ゲートの警備員とも顔なじみになるほど舟券を買いまくった。買い目はボクの好きな④①⑤、④⑤①。4号艇がまくりにいって鋭角ターンで仕留める。ぞくぞくする①④⑤のボックス舟券が中心だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道