「強くなりたいのか」と殴られた…元横綱・柏戸が受けた理不尽と伊勢ケ浜部屋の対極

公開日: 更新日:

 九州場所は霧島の優勝で幕を閉じたが、熱海富士が2場所続けて千秋楽まで優勝争いに残った。初めて上位陣とひと通り当たる来場所次第では、次の大関候補にも名乗りを上げそうだ。

 伊勢ケ浜部屋にはほかに西前頭5枚目で9勝した翠富士ら5人の幕内力士がいて、幕下では入門6場所目の聖富士が優勝し、尊富士も新十両昇進を決めた。親方衆は「あの部屋の力士はみんな体がパンパンに張っている」「稽古の自信を持って取っている」と口をそろえる。

 ふた昔前の相撲部屋ほど朝は早くない。師匠の元横綱旭富士は密度を重視し、「量」だけ強調されるのは理論派として不本意だろうが、ともあれ結果は雄弁だ。

 元横綱柏戸の鏡山親方から生前、若い頃の話を聞いた。稽古休みの日に、四股だけでもと土俵へ降りていたら、げんこつが飛んできたという。

「麻雀をしていた兄弟子に、『おまえ、強くなりたいのか』って殴られたんだよ」

 幸い柏戸は出世が早かった。部屋頭になれば存分に稽古ができる。好敵手・大鵬との出会いもあった。そうでなかったら古株たちに取り込まれたかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」