安楽事件が日本球界を直撃! 悪しき体育会系気質に高校生ソッポ、メジャー志向が急加速

公開日: 更新日:

 プロ野球界の「闇」と言っても過言ではあるまい。

 後輩選手への悪質ないじめ、暴力が発覚した楽天安楽智大(27)。契約更改の席などで複数の選手が被害を訴えたことにより、事態を重く見た球団は安楽の契約更改を無期限延期。球団納会も急きょ中止し、29日に発表する予定だった宮城県塩釜市とのパートナー協定締結式も延期となった。

 球団の“被害”はこれだけではない。アマ担当のスカウトも、安楽の所業に頭を抱えているという。

■正座説教で指名拒否寸前

「だいぶ前の話になるが」と、当時を知る球団OBがこう話す。

「かつて楽天に一場(2004年自由枠)が在籍していた時の話です。一場の態度を見かねた二軍コーチがグラウンドに正座をさせて説教、その写真がスポーツ紙に掲載されたことがある。これにアマ球界から球団に相当な数の苦情が寄せられた。現場のスカウトもドラフト候補の所属チームの監督などから、『いまだにあんな前時代的なことをするチームに、ウチの選手は預けられない』と言われ、指名拒否寸前までいったと聞いています。当時はスカウト陣が『二度とこんなことはさせません』と謝罪に追われたが、安楽の一件はさらに悪質。スカウトたちも『ウチに来てくれる選手がいなくなるのでは』と、頭を抱えています」

■裸にせいた後輩をベルトで鞭打ち

 しかし、安楽問題で打撃を受けるのは楽天に限らない。他球団でも衆目の前で後輩を裸にし、ベルトで鞭打ちした先輩がいたように、多かれ少なかれ、プロ野球では陰湿ないじめ、後輩いびりがあるのは事実だ。

 今回の騒動では、安楽による後輩いじめを周囲の先輩選手が笑って傍観していたという報道もある。こうなると安楽個人の問題ではなく、楽天、ひいてはプロ野球界に、いまだ悪しき体育会系気質がはびこっているとも言える。

 コーチによるパワハラも残っており、今オフ、一軍からファームに配置転換された某球団コーチは、現役時代から年下に高圧的な態度を取ることが多く、ナインから総スカン。事実上の左遷ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走