中田翔に楽天・安楽のパワハラ騒動が飛び火! かつての“問題児”中村紀洋氏は浪人2度を経験

公開日: 更新日:

 楽天安楽智大(27)による後輩選手への暴力、パワハラ騒動。27日はNPBの井原事務局長が取材に応じ、球団に対して事実確認をするように要望。現時点では状況の推移を見守るとした。

 球団はすでに安楽に自宅謹慎を命じるとともに、25日に予定されていた契約更改交渉を無期限延期にしている。選手らに任意のアンケートを取り、内容を確認したうえで近日中にも再度、事情聴取をするというが、世間はコンプライアンス問題に敏感。クビもありうると、もっぱらだ。

 この安楽騒動の余波が他球団の選手に及びそうだという。そのひとりが巨人中田翔(34)である。

■暴力事件の蒸し返し

 中田は昨オフ、巨人と3年契約を結んだが、自ら契約を解除できるオプトアウト権を行使。今月30日が提出期限の保留者名簿から外れて自由契約となり、他球団との交渉が解禁される。

 今季は92試合で打率.255、15本塁打、37打点にとどまったものの、昨季は24本塁打を放つなど存在感を発揮した。現時点では、ロッテ中日が移籍先の候補に挙がっているといわれる。

 しかし、安楽騒動が表沙汰になったことで、日本ハム時代の2021年に同僚選手に対して暴力をふるい、一、二軍の全試合出場停止処分を受けた過去が蒸し返される形になった。

■コンプラ問題で二の足

 中田は暴行発覚後に無償トレードで巨人に移籍。一定の活躍を見せた。すでに禊は済んだ、と話す球界関係者は少なくないが、「中でも立浪監督が獲得を熱望している中日は、雲行きが怪しくなっていると聞きました」と、在阪の野球評論家がこう続ける。

「ただでさえ今季の年俸は3億円と高額。自由契約になるとはいえ、それなりの年俸を用意する必要がある。しかし中日は2年連続最下位に終わったこともあり、契約更改では柳、小笠原ら主力選手が次々と保留しています。中田一人に大金を用意できない。しかも、親会社や球団はかねて、コンプラの問題を懸念しているといいます。規律に厳しい立浪監督の下で中田が好き勝手に振る舞うことはないでしょうが、過去には週刊誌に名古屋の怪しげな人物との交際を報じられたこともある。そこにきて安楽の暴行、パワハラ問題で中田の名前が図らずもクローズアップされてしまった。その点はロッテも簡単に看過できないでしょう」

 そんな中、球界では「巨人出戻り説」や「日本ハム復帰説」など、さまざまな見方があるのも確かだ。

「それどころか、浪人を強いられる可能性もゼロではないでしょう」とは、某セ球団のフロント関係者。

「中田は日本ハム時代、プライベートで夜な夜な後輩選手を連れ回すなど、暴行事件が発覚する前から素行を問題視したフロントがトレードを模索していた。戦力として魅力を感じた巨人の原監督(当時)が世論の反発を覚悟した上で獲得したからこそ今がある。全盛期は過ぎたものの、長打力は健在で一塁守備にも定評がある。中日に限らず、戦力としての中田に魅力を感じつつも、二の足を踏まざるを得ない球団が少なくないようです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」