巨人を自由契約の中田翔はどうなった? ラブコールされた中日が4選手獲得発表も名前なし

公開日: 更新日:

 中日は24日、今季限りで戦力外となった巨人中島宏之(41)、ソフトバンク上林誠知(28)、阪神・山本泰寛(30)、板山祐太郎(29)の獲得を発表した。板山は育成契約での獲得となる。

 貧打にあえぎ、2年連続最下位となった中日が躍起になって野手をかき集める中、気になるのが、3年契約を解除して巨人を退団した中田翔(34)である。

 大砲獲得を熱望している中日・立浪和義監督(54)は中田について「WBCも一緒にやっているし、今でも親しい関係。100打点を何回も挙げていて、ウチに必要な打点を挙げてくれる選手」と事実上のラブコールを送っているのだが、発表されたメンバーに中田の名前はなかった。

 さる球界関係者がこう言った。

「中日は不祥事の影響で今季17試合の出場にとどまったものの、本塁打王3度の実績がある西武山川穂高(32)の獲得調査も進めている。こちらはソフトバンクが4年総額12億円プラス出来高払いという破格の好条件を提示しているそうだから、中日は諦めモード。それでも、はっきり決まるまでは、同じ一塁手の中田にシフトできない。中田も中田で、“中ぶらりん”の現状に焦りや不満はないでしょう。いずれ中日から声がかかるのは分かっているので、本音では『家族と同居できて子供が転校しないで済む』とロッテ、西武、DeNAヤクルトといった関東球団のオファーを待っている状態です」

 中日はもちろん、中田にも思惑がありそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」