吉田輝星トレードではっきり! 今や「ドラフトと育成」は日本ハムよりオリックスの“十八番”

公開日: 更新日:

ドラフトと育成」といえば、かつては日本ハムの十八番だった。

 ドラフトで獲得した若手をファームで“促成栽培”。一軍でイケるという判断があれば、主力を放出してでも働き場所を与える。そういった活発な新陳代謝が、2006年からの11年間で5回のリーグ優勝につながった。

 しかし、「ドラフトと育成」の専売特許は、いまやオリックスに取って代わられた。改めてそう思わずにいられないのが24日、両球団から発表された日本ハム・吉田輝星(22)とオリックス・黒木優太(29)の交換トレードだ。

 金足農(秋田)出身の吉田は18年夏の甲子園の準優勝投手。「金農旋風」の立役者で同年のドラフト1位で日本ハムに入団した。「甲子園のヒーロー」はしかし、プロ5年の通算成績が3勝9敗。今季は中継ぎとして3試合に登板しただけだった。

「開幕を二軍で迎えたことで、白羽の矢を立てたのがオリックス。今年に入って何度か日本ハムに譲渡を申し入れたが断られ、ようやく実現したトレードと聞きました。150キロ超のストレートに右打者の外角に鋭く曲がるカッターの持ち主。オリックスの首脳陣は再生可能と踏んでいるようです」(オリックスOB)

 オリックスはプロ4年目の宮城(22)や紅林(21)が主力に成長。今季は3年目の山下(21)や6年目の東(23)がローテ入りした。ドラフトで獲得した高校生を次々に主力に育てているだけに、日本ハムで伸び悩んだ吉田も大化けするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」