オリ山﨑福也がFAバブル、大争奪戦のナゼ…巨人“後出しジャンケン”で4年10億円以上提示

公開日: 更新日:

 オリックスからFA宣言した山﨑福也(31)が大争奪戦に発展、相場も急騰している。

 すでに交渉を終えたヤクルトDeNA巨人に加え、ソフトバンク日本ハム、宣言残留を容認しているオリックスも含め、6球団が獲得に名乗りを上げている。

■真っ先に手を挙げたヤクルトに好印象

 さる球界関係者が「当初は、真っ先に手を挙げたヤクルトが好感触を得たようです」とこう続ける。

「山﨑は交渉解禁日に高津監督が松山キャンプを離れて交渉の場に来てくれたことも含め、好印象を抱いているとか。今季球団初のリーグ3連覇を目指したヤクルトは5位。チーム防御率3.66、先発投手は同3.95でともに12球団最低。V奪回への課題は、一にも二にも先発投手陣の整備だった。山﨑は埼玉県出身で東京・日大三高、明大という経歴。アマチュア時代はヤクルトの本拠地の神宮球場をよく使用していて、なじみが深い。強打の日大三出身だけあって、通算打率.273と打撃センスは抜群。指名打者制ではないセ・リーグのチームを希望しているという声もあります」

 山﨑福は今季11勝5敗、防御率3.25。オリックスのリーグ3連覇に貢献した左腕の年俸は6000万円だ。ここまで人気なのは格安年俸に加え、人的、金銭の補償のいらないCランクという点も大きい。

 そんな中、巨人が去る18日、「後出しじゃんけん」でヤクルト、DeNAを大きく上回る条件を提示した。

 3年連続V逸、2年連続Bクラスの歴史的な低迷にあえいだ巨人のチーム防御率は3.39でリーグ5位。崩壊した投手陣の中にあって、手薄な先発左腕の層を厚くしたい阿部監督も直接交渉に乗り出し、「こちらの思いは伝えさせていただいた」と胸を張った。就任以来、「何人でも即戦力投手が欲しい」と公言している。

 前出の球界関係者がこう言う。

「巨人は出来高などを含めて4年総額10億円以上の大型契約を提示したそうです。すでに初交渉を終えているヤクルト、DeNAは4年総額8億円以上。巨人も当初は8億円規模といわれたが、後の交渉という強みを生かし、一気に2球団を上回る10億円まで上げてきたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道