武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

公開日: 更新日:

 箱根駅伝は来年正月に第100回を迎える。

 学生スポーツは学制変更や戦争など、世の変化に沿って多様に変化してきた。いまではランナーの胸には各スポンサーのロゴが縫い付けられて、監督が写真誌に追いかけられたり、ワイドショーのコメンテーターになる時代。100年後は男女混合かも知れない。

 レース展開も変わる。

 春からランニング専門誌で各校の監督に話を聞いてきた。伝統校も新興チームも、監督たちはそれぞれの校風の下で50人の大所帯を率いて箱根に向かっている。そもそもはオリンピックのマラソン強化で考案された駅伝だったが、駿河台大の徳本一善監督はこう話した。

「いまや箱根は甲子園のような独立ブランド、もはや世界を見据える舞台とは別な話です」

 100回大会の“最後の初出場校”は、その考えで2年ぶり2度目の予選会突破を果たした。

 スピードアップに驚く。総合記録で初めて11時間を切ったのは70回大会の山梨学院大だが、過去10年の優勝記録は93回大会を除きすべて10時間台。2017年の93回大会から山上りの5区を2.4キロ短縮し、平地の4区に回した影響だが、それだけでは収まらない。前々回と前回はシード圏外の11位までが10時間台で大手町にゴール。96回も10位まで11時間を切っている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ