“異例のドラフト”から3年…「2020年の大豊作」をスカウトが手放しで喜べないウラ事情

公開日: 更新日:

 今季のプロ野球阪神の18年ぶり6度目のリーグ優勝、38年ぶり2度目の日本一で幕を閉じた。

「チームの快進撃を支えたのは日本シリーズMVPの近本光司(28)はもちろんだが、2020年ドラフト組の選手たちの存在もデカい」(球界OB)

 この年のドラフトでは佐藤輝明(24=1位)、伊藤将司(27=2位)、村上頌樹(25=5位)、中野拓夢(27=6位)、石井大智(26=8位)と、今季活躍したメンバーがずらりと名を連ねている。

 2020年といえば、コロナ禍元年の年。度重なる緊急事態宣言により社会機能がマヒし、東京五輪をはじめとしたあらゆるスポーツイベントが軒並み延期・中止を余儀なくされた。アマチュア野球も例外ではなく、日本屈指のメガイベントである春のセンバツ、夏の甲子園が開催されなかったのは記憶に新しい。

 パ球団のスカウトが当時をこう振り返る。

「当時は対外試合はおろか、部活動にも厳しい制限がかけられていました。こっそり対外試合を組んでいた強豪校もありましたが、世間のバッシングを避けるために我々のことも“出禁”にしていたくらいです。ほとんどチェックできないような選手もいて、スカウトにとっては困難を強いられたドラフトでした」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状