山川穂高はFA宣言するか否か…西武の「単年提示」は言外に移籍を勧める“二段構え”の親心

公開日: 更新日:

 西武の渡辺GMはエース・髙橋光成のポスティングを認めなかったことについて、「行かせてやりたい親心もあるが……」と話した。ならば、山川穂高(31)への対応もまた親心だろう。

 国内FA権を取得した主砲に、球団は驚きの1年契約を提示。確かに世間を騒がせた女性トラブルで球団が迷惑を被ったのは事実だが、まるで「嫌なら出て行け」と言わんばかりである。

「西武は単年契約に加え、年俸も現在の2億7000万円からダウン提示をしたようです。無期限出場停止処分で今季出場はたった17試合。好条件を提示できないのも無理はない。しかし、これで山川がFA宣言を決断しやすくなったのも事実です。山川はネットの反応などもチェックしていると話していた。西武ファンの中にはSNSなどで山川に拒否反応を示している者も多く、義理や贖罪で残留しても針のムシロとなりかねない。ならば、求められて行くFA移籍の方が本人のためでもある。西武はそれも踏まえて、言外に移籍を勧めているのではないか」(球団OB)

 もちろん、すんなりとFA移籍できるとは限らない。女性トラブルで印象が悪い上に、年俸2億7000万円のAランク。それなり以上の資金力がある球団でなければ手を出せず、人的補償で有望な選手を取られる危険性もある。獲得するにはリスクが大きい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至