巨人・阿部監督が日本S見て閃き? 投手陣に「オリックス宇田川のようになれ」訓示の真意

公開日: 更新日:

 巨人阿部慎之助新監督(44)が宮崎秋季キャンプ3日目となる3日、投手陣に訓示を行ったことを明かした。

「昨日の日本シリーズで宇田川くん(オリックス)が打たれたシーンを(話題に)出した。野手陣が『おまえは大丈夫だ、おまえは悪くない、おまえで勝ってきたじゃないか』みたいに言ってるんじゃないかと想像した。ああやって言ってもらえる、野手に信頼されるピッチャーになって欲しいと言った。言動、練習に対する姿勢、野球に対する姿勢だったりは、みんなができることだから」

 2勝2敗で迎えた2日の日本シリーズ第5戦。オリックス1点リードの八回1死二、三塁から、3連投となった宇田川は、阪神の森下に逆転2点三塁打を浴びた。マウンドで呆然とする中、野手陣が声をかけて励ました。そんな「いいヤツ」を目指せということだ。

 さる巨人OBがこう言った。

「阿部監督が選手時代は、このオフに西武から復帰した内海投手コーチがそんなタイプだった。2011、12年にそれぞれ18勝、15勝を挙げて2年連続最多勝。『飛ばないボール』が導入されて打線が苦しむ中、内海の登板する試合はなぜか打線が援護した。一方でエースの菅野は、15年や16年ごろに深刻な援護不足の時期があった。15年は菅野の登板日に限って打線が打てず、防御率は1.91といいにもかかわらず、10勝11敗と負け越しています」

 もちろん、菅野が嫌なヤツだったわけではないだろうが、「援護してくれない投手になって欲しくない」という阿部新監督の「捕手目線」でのアドバイスに他ならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至