オリ山本由伸「7失点KO」の内幕 阪神にクセ盗まれたか…メジャーの評価もダダ下がり?

公開日: 更新日:

 史上初の3年連続「投手4冠」の山本由伸(25=オリックス)にしては打たれ過ぎだろう。

■阪神にクセを盗まれていた可能性

 28日の日本シリーズ初戦は5回と3分の2を投げて10安打7失点。「初戦のマウンドを任せていただいた中で、役割を果たせなかったことが悔しい」と肩を落としたのは試合後の本人だが、「阪神サイドに投球時や牽制のクセを盗まれていた可能性もある」とは放送関係者。

【写真】この記事の関連写真を見る(33枚)

 初回は1死一塁、打者森下の場面で、一塁走者の中野拓夢が盗塁を仕掛けて三振ゲッツー。両軍無得点の五回は佐藤輝明が無死から中前打で出塁、続くノイジーの初球に二盗を決め、この回4得点の口火を切った。佐藤輝の単独スチールはサインかと聞かれた岡田彰布監督は「まだ、試合あるんで言えない」と言いながら、山本対策に関しては「6月の交流戦でやられているんで」「対策というか、ビデオとかは見た」と話した。

「史上最強の助っ人」といわれたバースは、日刊ゲンダイのインタビューで「日本の選手たちはメジャーリーガーよりも深く、熱心に研究している。例えばワインドアップのときの投手のグラブの位置によって、このときはファストボールがくる可能性が高いと……。投手のクセをつかむのは日本に来てから学んだ。周りの選手がやっていることを自分でもやるようになって、すごく助かった」と話している。

 岡田監督も平田ヘッドコーチも当時、バースの言う「周りの選手」だった。彼らが現役時代、実際に投手のクセを盗んでいたかはともかく、初回にいきなり失敗した盗塁を再び、しかもシーズン7盗塁の佐藤輝が単独で仕掛けたのも、中盤の2イニングだけで山本から8安打を放ったのも、配球の傾向などはもちろん、阪神サイドが投球時や牽制のクセを把握していたとすれば納得だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走