広島に続いて西武も…“ドラフト巧者”の2球団が「1位指名公言」の波紋

公開日: 更新日:

 水面下の綱引きがピークを迎えている。

 西武の渡辺GMが24日、26日のドラフト会議で国学院大の最速153キロ左腕・武内夏暉(22)を1位指名することを公言した。

【写真】この記事の関連写真を見る(19枚)

 広島もすでに青学大の右腕・常広羽也斗(22)を1位指名すると宣言しており、これで事前公表は2球団目となった。

 一方で、阪神は事前公表しないことを明言するなど、12球団で対応が分かれているが、さるセ球団スカウトは、「ドラフト巧者である広島と西武が1位を公言したことで、競合覚悟でこの2人に行くか、別の選手に切り替えるかで頭を悩ませる球団も出てくる」と、こう続ける。

■常広と武内は競合必至

「今年のドラフトは豊作という声もあるが、実際に本当の意味で1位クラスの実力があるのは常広、武内ら『東都7人衆』に加え、高校生は大阪桐蔭の左腕・前田悠伍、社会人はENEOSの野手・度会隆輝の9人といったところ。1位が12人揃わないとみている球団は多い。外れ1位となるとレベルがガクッと落ちるため、是が非でも1巡目でこの9人のうちの誰かを取りたい。中でも常広と武内の2人は競合必至といわれている。くじ引きを嫌って2人を避ける球団が出てくれば、広島、西武とすればしてやったりでしょう」

 昨年は事前に9球団が1位を公言、その全球団が競合もしくは一本釣りで交渉権獲得にこぎつけた。今年は広島、西武に続く球団が出てくるか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至