DeNA今永昇太には「投げる哲学者」の異名…完璧を求めることは悪いことではないが

公開日: 更新日:

 わたしはいま、日本にいる。メジャー挑戦の可能性がある山本由伸(25=オリックス)、今永昇太(30=DeNA)、松井裕樹(27=楽天)の最終チェックが目的だ。

 このうち米CBSスポーツ電子版のFAランキングで1位の大谷(29)に次いで2位に入った山本の評価が高いのは当然として、フロント幹部のひとりが盛んに獲得をプッシュするのが今永だ。

 今季、奪三振数(174)、奪三振率(10.58)は、いずれもリーグトップ。与四球も少なく(148回で24与四球)、ストレートの回転数も秀逸。とにかくデータ上の数値がいいという。「メジャーでも先発として、十分期待できる」とみるものの、わたしはそうは思わない。数字に表れない部分で気になる点がいくつかあるからだ。

 彼の最大の長所は以前、このコラムでも書いたように球のキレだ。それを裏付けるのがスピン量の多さで、奪三振率が高いのもうなずける。

 しかし、今永は球質が軽いうえに、投げるボールに角度がない。174センチの松井の方が、178センチの今永よりまだ角度がある。松井が真上から投げ下ろしているのに対して、今永はやや腕の位置が下がる。リリースポイントが低いのだ。日本の打者以上に平均身長の高いメジャーリーガーを相手にした場合、角度のなさはマイナスになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走