オリ山本由伸“争奪戦”スタートラインは5年225億円! 京セラDネット裏はメジャー各球団の思惑錯綜

公開日: 更新日:

「メジャーのほとんどの球団が獲得に名乗りを上げるのではないか」

 こう言うのはア・リーグのスカウト。18日、パのCSファイナルステージ第1戦に先発、オフにポスティングシステムによるメジャー挑戦が確実視される山本由伸(25=オリックス)に関してだ。

 この日の京セラドームのネット裏にはヤンキース、ドジャース、メッツ、カージナルス、ジャイアンツ、パドレス、フィリーズなど9球団のスカウトやフロント幹部の姿があった。ジャイアンツは2021年の年間最優秀エグゼクティブで、以前から山本の獲得を示唆していたザイディ編成本部長が視察した。

 米CBSスポーツ(電子版)は9月30日、オフにFAとなる選手のトップ25を掲載。山本は、1位の大谷翔平(29=エンゼルス)に続く2位にランクインした。前出のスカウトがこう言う。

「今年のFA市場の先発は、不作を通り越して凶作。1位の大谷は右肘の手術で来季、投げられないため、山本は実質FAのナンバーワン投手という位置付けです。年俸3000万ドル(約45億円)の5年契約、総額1億5000万ドル(約225億円)がスタートラインになる。そこからマネーゲームに発展する可能性が高い。ほとんどの球団は先発2番手クラスの投手に対して、それくらいの金額をつぎ込める資金力がありますからね。ただし、争奪戦に加わる球団が多ければ多いほど、金額は膨れ上がる。場合によっては20球団以上が参戦するでしょうから、最終的には金満球団が有利ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走