侍ジャパン井端弘和新監督が西武・松井稼頭央監督と「1時間」も話し込んだワケ

公開日: 更新日:

 13日、日本代表の井端弘和新監督(48)が、ベルーナドームで秋季練習中の西武を訪問。すでに阪神中日などを訪問した井端監督だが、同学年の松井稼頭央監督とは練習の様子を見ながら、吉見投手コーチも交え何やら1時間も話し込んだ。

 井端監督の初陣となる11月のアジアチャンピオンシップは「24歳以下または入団3年目以内」の若手選手しか出場することができない(オーバーエージ枠を除く)。球界にはオリックス山下舜平大(21)や、ロッテ佐々木朗希(21)ら、条件に合致した有望選手がいるが、14日からCSが開幕する。日本シリーズまで勝ち残れば、最終戦は11月5日。アジアチャンピオンシップは同月16日開催と、選手によっては準備期間が短くなってしまう。必然的にBクラスチームの選手を中心とした選考になるかもしれない。

 その点、西武は今季5位に沈みながらも、若手が粒ぞろいだ。先発なら、今季11勝の平良海馬(23)や9勝の隅田知一郎(24)。捕手では今季100試合出場の古賀悠斗(24)がいる。

 もちろん、バランスを考慮すれば西武の選手ばかりが選ばれることはないだろうが、ドラ1ルーキーの蛭間拓哉(23)など西武には経験を積んでいる若手選手が比較的多い。

 井端監督が松井監督と長々と話し込んだのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も