南野拓実はカタールW杯以来の代表復帰で得点に絡むも…「構想外」のレッテル剥がせず

公開日: 更新日:

 第2次森保ジャパンの7試合目となるカナダ代表との親善戦が13日に新潟で開催され、FIFAランク19位の日本が同44位のカナダに4-1で完勝した。

 日本の先発で目を引いたのが、昨年のカタールW杯以来の復帰となった南野拓実(28=モナコ)である。

 カタールW杯でエース番号「10」を背負いながら、ベンチ要員に格下げ。クロアチア戦ではPK戦の1番手に立候補しながら外し、初のベスト8進出を逃した“戦犯”のひとりとなった。

「森保ジャパン内では『一丁上がり』の選手扱い。『次のW杯で絶対にリベンジしてみせる』と親しい人に漏らし、8月にはフランス1部の月間MVPに選ばれ、代表復帰を果たしたが……」(サッカー記者)

 この日は右サイドの伊東純也(30)、右SB毎熊晟矢(25)と連係を図りながら積極的に攻撃に絡んでいき、後半38分にベンチに下がった。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「カナダ戦の南野に必要だったのは、ゴールやアシストといった、目に見える結果だった。積極果敢に攻撃を差配していたが、よく頑張りました……では、攻撃系の選手として日本代表で生き残っていくのは難しい。現時点で南野のチーム内序列は久保、堂安よりも低く、前目の選手には南野よりも高評価の三笘や鎌田もいますからね」

 後半27分には右足でシュートを放ったが、当たり損ないで、ゴール左に外れた。あのシーンでシュートを決められないようでは前途多難だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮