米挑戦見据える原英莉花が首位T岩井明愛に1打差の好発進 史上初「3週連続完全V」に待った!

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】第1日 

 3週連続優勝なら史上3人目。4日間首位を守っての完全Vなら史上初。その可能性を残したのが岩井明愛(21)。ボギーフリーの5アンダートップタイでファンを沸かせたが、1打差の5位タイにつけた原英莉花(24)が大会2勝目に向け意欲満々だ。

 原は持病の腰痛が悪化して5月にヘルニア摘出手術。8月の「北海道meijiカップ」からツアーに復帰した。以後7試合でベスト10入りは1度だが、「ショットとイメージがあってきた」「もう1度ナショナルオープンを勝ちたいと思ってここにきた」と力強く語った。

 2020年の今大会に勝った原は、最終戦のツアー選手権リコー杯も制し、同一年の公式戦2勝で師匠の尾崎将司を驚かせた。しかし、翌年は春先のぎっくり腰で調子を崩し、終盤の1勝止まり。昨年は腰痛に苦しみ未勝利に終わった。

「手術は米女子ツアー挑戦のためです」と、ツアー関係者がこういう。

「原は10月に行われる来季の米女子ツアー出場権をかけた2次予選会(17日~20日)にエントリーした。関係者の間では最高峰ツアーへの挑戦は賛否あったようだが、『今年受験する』という意思を貫いた。雨でグリーンがソフトになったとはいえ、強い風も吹く悪天候の女子オープン初日に4アンダーは腰の不安が消えた証拠。今週勝っても米ツアー最終予選会(11月30日~12月5日)直前のリコーは欠場するでしょう。公式戦3勝目で再びジャンボを驚かせて米ツアーに乗り込むのが最高の形ですし、本人もそれを望んでいるはずです」

 奇しくも、初日の68は20年大会と同スコア。姫のファンは涙の復活劇を期待している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?