著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

岩井明愛は涙の2勝目 プロにとっては緊張が強いられる完全優勝が一番難しい

公開日: 更新日:

 ゴルフにはいろんな勝ち方があります。

 男子大会の「ANAオープン」に勝った44歳の谷原秀人と、「日本シニアオープン」初優勝の54歳になる藤田寛之はともに最終日最終組でプレーして逆転勝利でした。

 谷原が3打差3位発進、藤田は1打差2位発進と好位置につけており、4日間72ホールを見据えた理想的な戦い方だったといえます。

 試合後のコメントを聞いても、17番バーディーで混戦を抜け出した谷原が、「17番か18番で(バーディーを)取れれば勝てるか(と思った)」と振り返り、最終18番バーディーの藤田が「最後にワンチャンスあると思った」と語ったように、2人ともゲーム展開の読みが見事なまでに当たっていました。

 もちろん何勝も挙げたベテランプロでも、簡単に勝てる試合はひとつもなく、勝つ難しさをよく知っています。いいゴルフをしても、他の選手がそれ以上の好スコアで回ってきたら勝つことはできません。それに、勝つために日ごろから厳しい練習やトレーニングに取り組んで、しっかり準備しても結果は簡単にはついてきません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路