巨人屈辱の3年連続V逸…原監督とM3阪神・岡田監督はどこで差がついた? 評論家が斬る

公開日: 更新日:

 4位・巨人の3年連続のV逸が決まった。通算17年目の原辰徳監督(65)としては初の屈辱である。

 昨12日の首位・阪神との敵地甲子園での3連戦初戦で、西勇の前に2安打完封負け。2位・広島が敗れたため、首位を独走する阪神の優勝マジックは「3」に減った。

 今季の対戦成績は巨人の5勝15敗1分けで、阪神とのゲーム差は16.5。原監督とここまで大差をつけられた大学時代からの盟友でもある阪神・岡田彰布監督(65)の違いは何か。

「我慢強さでしょう」と巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

「復帰1年目の岡田監督は、選手を我慢強く起用してきた。春先は不振だった佐藤輝明の起用には苦心したが、使うと決めた若手は、いったん二軍に降格させても、再び一軍でチャンスをあげている。野手ならドラ1新人の森下、小野寺。投手なら先発の村上を筆頭に、中継ぎの石井、桐敷、浜地ら。リリーフ登板で前日に先発・村上の完全試合をストップさせてしまった石井に対し、翌日の大事な場面で連投させたこともあった。『悪いイメージをすぐに払拭してこい』と登板機会を与えて切り替えさせる。一方で原監督は、チグハグさが目立ちました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    多部未華子の「いちすき」が川口春奈の「silent」を超えられなかった“最大の理由”

    多部未華子の「いちすき」が川口春奈の「silent」を超えられなかった“最大の理由”

  2. 2
    系列局社員の寄付金着服で思い出す…「24時間テレビ」のスタッフ部屋にあった山積みの袋の中身

    系列局社員の寄付金着服で思い出す…「24時間テレビ」のスタッフ部屋にあった山積みの袋の中身

  3. 3
    ヤンキースからラブコールの山本由伸 カネ以外に求める「付帯条件」が分かった!

    ヤンキースからラブコールの山本由伸 カネ以外に求める「付帯条件」が分かった!

  4. 4
    吉村府知事の威勢どこへ? 大阪万博宣伝「チャンス」連発から一転、“ダンマリ”にしれっと変節

    吉村府知事の威勢どこへ? 大阪万博宣伝「チャンス」連発から一転、“ダンマリ”にしれっと変節

  5. 5
    岸田政権の少子化対策また的外れ…子ども3人世帯「大学無償化」に《不公平だ》と批判殺到

    岸田政権の少子化対策また的外れ…子ども3人世帯「大学無償化」に《不公平だ》と批判殺到

  1. 6
    結束バンドで拘束し“やり逃げ”繰り返す…57歳小学校元用務員のセコ過ぎる「払う払う詐欺」

    結束バンドで拘束し“やり逃げ”繰り返す…57歳小学校元用務員のセコ過ぎる「払う払う詐欺」

  2. 7
    ブルージェイズが大谷翔平に総額1080億円も用意と…メジャーの球団経営は赤字にならないの?

    ブルージェイズが大谷翔平に総額1080億円も用意と…メジャーの球団経営は赤字にならないの?

  3. 8
    自見英子大臣に新たな「政治とカネ」疑惑…政治資金で父親の政治団体に“仕送り”していた

    自見英子大臣に新たな「政治とカネ」疑惑…政治資金で父親の政治団体に“仕送り”していた

  4. 9
    現役ドラフトで阪神がオリ漆原大晟を指名 岡田監督ニンマリの裏で「もう一つの安堵」

    現役ドラフトで阪神がオリ漆原大晟を指名 岡田監督ニンマリの裏で「もう一つの安堵」

  5. 10
    「イトーヨーカ堂」が都内屈指の好立地店から立ち退きのナゼ…ライバル「イオン」が後継テナントに

    「イトーヨーカ堂」が都内屈指の好立地店から立ち退きのナゼ…ライバル「イオン」が後継テナントに