甲子園V“美白王子”慶応・丸田湊斗「結構疲れてます」…U18W杯での燃え尽きにメディア悲鳴

公開日: 更新日:

「たしかに勝ってはいるんですが…」

 昨5日のオランダ戦は0-1で敗れたものの、1次リーグを突破した高校日本代表。しかし、テレビ関係者は苦笑いを浮かべてこう言う。

「今大会は花巻東の佐々木麟太郎がメンバーから外れたことで、今夏の甲子園で107年ぶりに優勝した慶応の『美白王子』こと、丸田湊斗が日本代表の顔。しかし、1次ラウンド5試合は全試合でスタメン出場するも、わずか2安打と不調です。甲子園決勝で先頭打者アーチを放ったような鋭いスイングが影を潜めている。U18は高校野球ファンを中心に注目度が高いのですが、馬淵監督は麟太郎、真鍋(広陵)、佐倉(九州国際大付)の高校三羽ガラスを選外にし、バントなどの小技や守備、走塁を重視した『馬淵野球』を体現できる選手を集めた。比較的、地味なメンバーが集まったわけですから、人気、注目度が高い丸田が活躍してくれるに越したことはないのですが……」

 そんな丸田について、あるチーム関係者は「明らかに甲子園疲れが見られます」と、こう続ける。

「8月23日の甲子園決勝から中2日で代表合宿に合流。『結構疲れてます』と口にするなど、燃え尽き症候群が懸念されていました。しかも、台湾の宿舎での食事も『好きなものをたくさん食べるようにしています』と苦笑いを浮かべている。台湾は美食で有名ですが、独特の香辛料が苦手という人もいる。丸田はゲッソリしているわけではなく、肌は相変わらず美白ですけど、口に合うものと合わないものがハッキリしている印象です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大