巨人は“泣きっ面にハチ”…主砲・岡本和真は登録抹消、2位広島には痛恨の逆転負け

公開日: 更新日:

 すでに自力優勝が消滅している巨人。こうなった以上、上位チームを叩いてのCS進出を目標にするしかないが、29日は広島戦の前から悪いニュースがチームを襲った。

 主砲の岡本和真(27)と好調な梶谷隆幸(35)が発熱のため、特例2023の対象選手として選手登録を抹消されたのだ。岡本が34本塁打、83打点で目下二冠なら、梶谷は打率.297と当たっていた。

 好調な2人を欠いた巨人は、試合でも精彩を欠いた。六回には先発の山﨑伊織(24)が、巨人戦をカモにするデビットソンにソロ本塁打を浴びた。デビットソンはこれで18本中、半分の9本が巨人戦での一発だ。

 その直後、坂本勇人(34)の二塁打や長野久義(38)の5号ソロなどで逆転するも、八回には勝ちパターンのリリーフを務める高梨雄平(31)が末包に逆転3ランを浴びた。

 2位の広島を叩くどころか、痛恨の逆転負けを食らって、この日阪神に勝った3位・DeNAとのゲーム差は1.5に広がった。

 主砲を欠いて、なおかつ上位の広島戦での逆転負け。「全員で戦っていくということに変わりはない」とは試合後の原監督だが、厳しい状況に変わりはない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今