慶応優勝で高校野球は変わるのか 甲子園を席巻した快挙の秘密と朝日の狼狽

公開日: 更新日:

 夏の甲子園が異常な盛り上がりを見せた。主役は107年ぶりに全国優勝を果たした慶応(神奈川)だ。

「テレビのワイドショーでも連日、慶応の快進撃を取り上げているのは、他の野球強豪校とは明らかに一線を画しているからです。前監督時代から『エンジョイベースボール』を標榜し、野球推薦もなければ寮もない。髪形も自由。慶応義塾の教育理念『独立自尊』を地で行く野球部が甲子園に新風を吹き込んだことは間違いありません」(民放関係者)

【写真】この記事の関連写真を見る(52枚)

 そんなチームを率いるのは、慶応幼稚舎(小学校)の教員でもある森林貴彦監督(50)だ。同校野球部OBで慶大時代から学生コーチとして後輩たちを指導。NTTに就職後、筑波大大学院で教員免許を取得し、2015年8月から監督を務めている。自身の著書「Thinking Baseball──慶應義塾高校が目指す“野球を通じて引き出す価値”」(東洋館出版社)によれば、「理想はノーサイン野球」とした上で「指導者が全てサインで動かしてしまうと、選手は『サイン通りやればいい』という受け身の姿勢になってしまい、まさに指示待ち族を大量生産するだけに終わってしまいます」と記している。

 高校野球雑誌「ホームラン」元編集長の戸田道男氏がこう言う。

「自主性を重視する森林監督は、練習メニューを選手自身に考えさせることが多いそうです。『フラットな関係が築けない』と選手に『森林監督』ではなく『森林さん』と呼ばせている。怒鳴らないために拡声器を使ったり、グラウンドで必要な指示が聞こえるように、アマチュア野球では当たり前の『声出し』も禁止。他校を分析する『データ班』は、強豪校では指導者が行うことが多いのですが、慶応はメンバー外の3年生が行っていて的確と話題。大学生の学生コーチもいる。学業をおろそかにすれば、あの清原和博さんの次男・勝児(2年)でも忖度なしで留年する。一般の生徒と同じクラスのため、勉強についていくのが大変なので、練習も短時間で集中してやっているようです。野球部の寮もありません」

 慶応OBが明かす。

「ある日、守備の連係プレーの練習をしていて、選手が『内野手はこう入った方がいいんじゃないですか』と森林監督に提案したら『そうしてみよう』となった。別の選手が『この練習は実戦に合わないんじゃないですか』と言ったら、話し合いの末にその練習が取りやめになった。監督がトップダウンで決めることはあまりありません」

■他校とはひと味違うスカウティング

 慶応には野球推薦はないものの、スポーツ活動や文化活動も含めた推薦入試制度がある。野球部に入部したい中学生がこの入試で入れるのは1学年10人弱。中学の内申点は満点45点中38点以上が求められ、作文と面接試験を経て合否が決まる。

補欠のミカタ レギュラーになれなかった甲子園監督の言葉」(徳間書店)など高校野球関連の著書が多数あるスポーツライターの元永知宏氏は「スカウティングも他校とは一味違います」とこう続ける。

「慶応も中学生をスカウトしますが、学校の成績という高いハードルがあるため、野球も勉強もできる子が集められるという違いがあります。部員によると、慶応側の必殺の口説き文句は『神宮で早慶戦に出られるよ』。普通、強豪校は『甲子園に出られるよ』でしょうけど、慶応の場合は、甲子園も狙うけど、慶応大学に進学してからも、みんなと一緒に野球を続けて神宮で活躍しようと。つまり『7年間、慶応で面倒を見ます』ということ。これは他校にはない唯一無二の口説き文句。野球推薦で大学進学を狙わないといけない強豪校との最も大きな違いではないでしょうか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!