慶応103年ぶり決勝進出のカラクリ…長髪OK、短時間練習、声出し禁止、厳しい授業、寮なし

公開日: 更新日:

 慶応(神奈川)が21日の準決勝で土浦日大(茨城)を破り、1920年の第2回大会以来、103年ぶりの甲子園決勝進出を決めた。

 107年ぶりの優勝を目指し、23日の決勝で史上7校目の夏連覇を目指す仙台育英(宮城)と戦う。今春センバツ初戦で対戦し、タイブレークの末に1-2でサヨナラ負けを喫している因縁の相手だ。高校球界関係者がこう言った。

【写真】この記事の関連写真を見る(52枚)

「慶応が以前、仙台育英と練習試合をした時、新幹線移動で仙台へ遠征して『さすが慶応』と仙台育英の関係者を感心させたことがある。普通、高校の野球部は、少しでも節約をするため、マイクロバスなどを使って移動することが多い。横浜ー仙台間は遠いけど、普通、往復『2万円』を負担するのは厳しい家族もありますから」

 そんな慶応ボーイズは、神奈川大会で東海大相模、横浜、甲子園では広陵(広島)、沖縄尚学といった全国制覇の経験のある強豪校を次々と破る快進撃を見せてきた。中学生のスカウティングのやり方が変わったことも無関係ではない。横浜の元部長・小倉清一郎氏は日刊ゲンダイのコラムで「慶応高の推薦入試の評定基準(学校の成績)が下がったことで、U15日本代表やジャイアンツカップのような全国大会に出場するような有望中学生が多く受験できるようになったと聞きます。野球だけがうまくても入学できないが、勉強の基準が下がった途端、野球部が強化された印象はあります」と指摘していた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?