夏の甲子園8強に近畿勢ゼロの珍事も…大阪桐蔭と智弁和歌山の「逆襲」はもう始まっている

公開日: 更新日:

 19日に4強が出そろった甲子園で、珍事が起きている。履正社(大阪)と智弁学園(奈良)が3回戦で敗れたことで、近畿勢6校はベスト8に1校も残れなかったのだ。これは2016年以来7年ぶりのことである。

 決勝が和歌山と奈良の「智弁対決」となった21年は8強に5校、準決勝は近畿勢同士の対戦になるなど、近年は春夏とも近畿勢が上位を占めてきた。優勝候補に挙がっていた履正社と智弁学園が相次いで敗退した17日はネット上でも、「甲子園って近畿大会だと思っていたのに」「組み合わせの妙」などと話題になった。3回戦の仙台育英(宮城)-履正社戦は4-3の好ゲームとなり、「事実上の決勝戦」がトレンドワード入りした。

 アマチュア野球に詳しいスポーツライターの美山和也氏がこう言う。

「大阪桐蔭、智弁和歌山、センバツ準優勝の報徳学園(兵庫)といった強豪校が出場していないことも関係しているかもしれません。ただ、近畿のレベルが下がったというより、8強に3校が残った東北のレベルが上がった感はあります。8強入りした仙台育英、八戸学院光星(青森)、花巻東(岩手)はいずれも甲子園決勝進出経験のある強豪校ですが、09年に『みちのくフレッシュBリーグ』が発足したのが大きい。この甲子園にも出場した聖光学院(福島)や日大山形などが1、2年生主体のBチームで各校2試合ずつのリーグ戦を実施しています。その後、秋田などで『東北レボリューションBリーグ』というリーグ戦も始まり、東北各地で下の学年の選手が早い段階から実戦経験が積めるようになったことで全体のレベルが上がった。昨夏の仙台育英の優勝で、全国のレベルが拮抗してきた。今春のセンバツも優勝経験のない山梨県の山梨学院が優勝しました。ただ……」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    なぜ阪神・岡田監督は大炎上しないのか…パワハラ要素含む「昭和流采配」でも意外すぎる支持

  2. 2

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  4. 4

    岡本和真と村上宗隆のメジャー挑戦に“超逆風” 大谷バブルをブチ壊したMLB先輩野手の期待外れ

  5. 5

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  1. 6

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  4. 9

    日本ハム水谷瞬プロ入り時のコーチが明かす覚醒のカギ「(当時)フライはまともに捕れず、バットにも…」

  5. 10

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白