台風順延でハンデさらに拡大…夏の甲子園「寮ナシ校」は宿舎生活が球児の大きな負担に

公開日: 更新日:

 夏の甲子園は台風7号の接近による1日の順延を挟み、8強入りをかけた対戦が再開される。

 16強入りした各校はすでに10日間以上の集団生活を強いられていることになる。

 日刊ゲンダイで「75歳名将の高校野球論 甲子園で勝つより大事なことがある」を連載中で、16日に土浦日大(茨城)と対戦する専大松戸(千葉)の持丸修一監督はこんなことを言っていた。

「甲子園期間中に宿舎で寝泊まりする生活は完全な“非日常”です。期間が長くなれば長くなるほど、選手の状態とモチベーションを維持するのが難しい。特にウチのように寮を持たない学校ならなおさらです。大会前は地方への遠征を組んで、非日常を普段通りにやりきる練習をしていますが、うまくいかないことも沢山あります」

 そこへもってきて台風による順延だ。 

「影響は皆さんが想像する以上です。特に21年夏大会は初戦の明豊戦までに4度の順延。次戦の長崎商戦までにさらに1度の順延があった。あの時は苦労しましたよ。1回でも延期されればリズムが乱れる。できることも限られているから、どれだけ状態維持に努めても、やっぱり難しい」(持丸監督)

 普段から寮生活を送っている選手たちはともかく、そうでなければ精神的にも負担がかかるというのだ。16強の中には専大松戸や履正社(大阪)慶応(神奈川)など、いくつかの高校はハンデを背負いながら、8強入りをかけて戦うことになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!