データで丸裸にする「岩井明愛・千怜」姉妹の凄さ!今週から国内ツアーに復帰

公開日: 更新日:

 海外メジャー参戦で国内を留守にしていた岩井明愛・千怜姉妹(ともに20歳)が、18日開幕の「CAT Ladies」(神奈川・大箱根CC)から国内ツアーに復帰する。2021年6月のプロテストに合格した2人は今季がプロ3年目だが、今やツアーの「看板選手」といっても過言ではない。

 人気があるのは双子の姉妹というだけではない。妹の千怜は昨季、プロ初勝利から2試合連続優勝で注目を浴び、今季も2勝。早くも通算4勝を挙げている。

 姉の明愛は昨季、ベスト10入りが5回あったが未勝利だった。妹に遅れを取った印象だが、今季KKT杯バンテリンレディスで待望の初優勝を手にした。

 2人の実力は今季のスタッツをみるとよくわかる。姉妹揃ってベスト10以内にランクされているのは以下の通り。

メルセデスランク

③位明愛(1460.27P)
⑤位千怜(1246.22P)

●年間獲得賞金

③明愛(1億5039万678円)
④千怜(9036万4733円

●平均ストローク

②明愛(70.1557)
③千怜(70.2201)

●年間トップ10

②明愛(11回)
⑥千怜(8回)

●平均パット数(パーオンホール)

③千怜(1.7358)
④明愛(1.7403)

●パーセーブ率

⑥千怜(88.3191)
⑦明愛(88.1015)

●ドライビングディスタンス

⑦明愛(253.39yd)
⑧千怜(253.31yd)

●ボールストライキング率(トータルドライビング順位とパーオン率順位の合算値)

⑥明愛(19P)
⑩千怜(25P)

●パーブレーク率(バーディー以上の獲得率)

②明愛(23.5346)
③千怜(22.6021)

●バーディー数

②明愛(267)
⑧千怜(236

●60台のラウンド数

②明愛(28回)
②千怜(28回)

 これ以外にも、パー3、パー4平均スコア、予選・決勝ラウンド平均スコア、1日目、3日目の平均スコアなども2人揃って10位以内にランキングしている。ちなみに、明愛がトップ(74.4532)のパーオン率は、千怜(70.2754)は14位だ。

「明愛は今季、20試合で優勝を含むトップ3が6回。2勝の千怜(19試合)も2位2回、3位1回あるが、女子プロファンを沸かせたのが、5月のRKB×三井松島レディス最終日です。岩井姉妹と前年女王の山下美夢有とのプレーオフになり千怜が優勝。姉妹でのプレーオフは史上初と大きな話題になった。さらに、ニチレイレディスでは、史上初めて姉妹で最終日最終組を回った。山下には敗れたが、姉が2位で妹が3位。男子トーナメント関係者が『双子でプレーオフだ、最終日最終組なんてことをやられたらツアーが盛り上がるのは当然ですよ』と羨ましがっていました」(テレビ関係者)

 女子プロ界にとっては双子であるだけでなく、実力もある貴重なタレントである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」