花巻東・佐々木麟太郎「ドラ1指名」に阪神参戦! 岡田監督が掛布以来の高卒スラッガー待望

公開日: 更新日:

 この日の活躍がプロ入りの背中を押すのか。

 8日、高校通算140本塁打の花巻東(岩手)の佐々木麟太郎(3年)が昨春以来の甲子園の土を踏んだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(35枚)

 宇部鴻城(山口)戦に「3番・一塁」でスタメン出場すると、初回に甲子園初安打となる左前打。3打数3安打1打点の大暴れで勝利に貢献した。

 県大会中に背中を痛めた影響について、父親の佐々木洋監督は「まだまだのところはありますが、予選より振れるようになってきたなと。だいぶ怖がらずに振れている」と、復調の手応えを感じている様子だった。

 その麟太郎は複数球団が今秋ドラフトの1位候補にリストアップしている一方で、大学進学も消えていないともっぱらだ。早大、明大を筆頭に、全国強豪校がこぞって麟太郎に“合格手形”を出しているといわれている。

 大学進学は佐々木監督の意向もあるという。さる球界関係者は「プロ入りは大学の4年間を経験してからでも遅くないという考え。大学は出ておいた方がプラスという親心もあるでしょう」と明かす。プロ志望の麟太郎も県大会前、進路について「今後については夏が終わってから考えたい」と話すなど、父親の意向は無視できない。

 プロ入りか大学進学か、この夏の結果が大きく左右するとみられる中、184センチ、113キロの巨漢大砲をとりわけ注目している球団が阪神だ。球団OBがこう話す。

「今秋ドラフトでは、自身もスカウト登録している岡田彰布監督(65)の意向が強く反映される。岡田監督は阪神で長年にわたって高卒野手のレギュラーが育っていないばかりか、あの掛布雅之以来、高卒のスラッガーが出ていないことを憂いている。投手はある程度コマが揃っていますから、将来の中軸候補となりうる麟太郎や、真鍋(広陵)らに注目しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」