創成館・稙田龍生監督は元バリバリの営業マン 給与ダウンでも“職業監督”に転身した理由

公開日: 更新日:

 10日に登場する創成館。指揮を執る稙田龍生監督(59)は現役時代、九州三菱自動車で内野手としてプレー。主将を経験し、引退後は監督を務めながら同社のトップセールスマンに輝くなど、バリバリの営業マンとしても活躍した。が、2008年に甲子園出場経験のない創成館の“職業監督”に転身。就任からわずか5年で13年春のセンバツに出場すると、今回が春夏合わせて7回目の甲子園になる(20年の交流戦を含む)。同校を瞬く間に甲子園常連校にした稙田監督に話を聞いた。

 ──九州三菱自動車でバリバリの営業マンだった時に、創成館の理事長からオファーがあった。家族からは反対されませんでしたか。

「私は社会人野球時代が長いので、ずっと野球が身近にあった。いずれは高校の監督をやりたいという夢をずっと持っていた中でお誘いを頂いて……。奥さんには事後報告でした。『もう決めたから』と(笑)。別に何も言われませんでしたよ。私が44歳の時で、結婚生活も17~18年目でしたから」

 ──当時の創成館は経営状態が芳しくなかったと聞きます。失礼ですが、転身の際に給与面で悩みませんでしたか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」